ねぇ、リアルってどうやって充実させるの?

リア充な人になるべく、地味系31才女頑張る。

ほら、私ってお金も手間もかからない女なのよ!?だからホラ!!健気で可愛いって愛してくれるよね? ね!!?

もう少し先ではあるが私の誕生日がやってくる。32歳になる。

 

誕生日…。

30歳になった時もそうだったけど特になんの焦りも感動も無く、おめでとうと崇められつつケーキを食べる他は通常の1日と変わらない淡々とした日。

 

誰にも「誕生日おめでとう」と言われなかったらそのまま普通の日として過ごしそうだし年齢だって20歳超えたあたりから若干あやふやになってきたから「アンタ今何歳?」と面倒な親戚とかにフイに聞かれても間違えず答えられるようにスマホに現在の年齢を保存している程だ。

 

そんな私に夫が「誕生日のプレゼント何が欲しい?」と聞いてきた。

 

「…そうか。誕生日といえばプレゼントなのか。」

 

お互い、付き合いたての頃は「サプライズ」としてアクセサリーなどをこっそり用意していたが、夫婦となり財布が一体化してからは、ほとんどの行動や買い物が相手に筒抜けになってしまうため「プレゼントは欲しい物を一緒に買いに行く」という方向にシフトしていった。

 

まあ、せっかく「サプライズ」してもらってもアナウンサーやアイドルばりにキャピキャピ喜んで気の利いたこと言うみたいな「ナイス★リアクション」が搾り出しても出てこなくて、「おおっ!すげえなあ!これすげえわ!これイイ!!ありがとう!マジありがとう!!」と、頑張ってテンションあげても「すげえ」と「ありがとう」の連発しか出来ない私には普通に一緒に買い物に行って欲しい物を買ってもらうほうが有難い。

 

サプライズは私の中で「サプライズされることを微塵も気付かないフリをしながら、貰ったものにも大喜びしてなんなら感動の涙も流して、プレゼントした相手に(この子にサプライズして良かったなあ)と喜んでもらう儀式」なのである。

誕生日付近にわざわざ呼び出されると若干何かあるなと察してしまうし…。

 

そういや現在の夫は不思議な人で、何を考えているのか全然分からない分「これからサプライズするぞ感」までも微塵も私に感じさせずにシレーッとサプライズして来たので素でビックリしたことはあったな…今となっては完全☆宇宙人だけど。

 

なんにしても喜ぶのが上手な人がうらやましい限りだ。

 

…こんな感じで誕生日に関しても素直に受け取れない私。

今年の誕生日プレゼントは何を買ってもらおうかなと思っても何も浮かんでこない。

そもそも今現在、わざわざ誕生日に欲しいと思うものが無い。

買い物はわりと頻繁に出かけるからちょっとした欲しいものならその都度購入しているし、そのちょこちょこ買いで満たされている気がする。

 

アクセサリーとかなら女子力が高い感じがするかな…でも高そうだし興味ないな。

コスメとかは…ドラッグストアでそこそこそろえたしなあ。

服…ちょこちょこGUとかで買ってるから特別に欲してる服はないな。

旅行に行く?日帰り温泉とか…でも遠くまで行くのめんどくさいなあ。

お小遣いもらう?靴買う?新しいメガネは?

 

…うーーーーーん…特に何もないなあ。ケーキ買うくらいか。

 

色々考えても何も浮かんでこない。

過去の誕生日プレゼント内容を思い出しても、3000円くらいのスニーカーや新しいメガネやドラッグストアにあるコスメなど、安くて日常に使うものばかり。

 

あれ?でも夫にはスマホが出始めた頃にはアンドロイドあげたしデジタルカメラとかなんか高いものばっかりあげてきたな…。

日ごろからバイクだって頻繁に乗り換えてるし車やバイクの部品だって家計からお金出してたりしたもんな…。

 

もしかして夫には全力で良い物を提供して、自分にはその分ケチってる?

 

思い出してみれば過去の誕生日に自分で選んだプレゼントは本当に欲しいものというよりも「これだったらお金もそんなにかからないし家にあっても無駄じゃないし買ってもいいかな。」みたいなものばかりじゃん!

 

そしてそのプレゼントをお会計する時には

 

「夫はもっと高い物を買ってるのに私はこんな安い物がプレゼントか。まあお金あまり使いたくないしなあ。…あ、夫が見てるわ喜びながらお礼言わなきゃ…ほら!こんな3000円のスニーカーでも私はこんなに喜んでるんだから!健気でしょ?可愛いでしょ?他の女と違って私はお金かからない良い女なんだから大切にしてよね!!あとあんたも今度からコレくらいの値段のもんで満足するくらいの人間になってよね!普段から金使いすぎなんだから!!(怒)」

 

みたいなドス黒い恨みにも似た気持ちが渦巻いていたことを思い出しました…自分で選んだプレゼントなのにこんな不満タラタラなこと考えながら「ありがとう♪」とか言ってニコニコしてたんだから嫌な女過ぎる…。

 

んで、お金の話でケンカした時に「私は安いプレゼントでずっと我慢してるのに、アンタは高い物ばっかり買って!金欠の原因はお前だ!!」って相手に文句をぶつけたなあ…。

 

今、そういう自分に気付いたら頭の中が「!!!?」と電気が走ったみたいになって、何かがスポーンと取れた感覚になりました。

 

 

 

「夫のせいで我慢し続ける健気な私。」

 

「夫のせいで高い化粧品は手が出せずに、ドラッグストアで溜め込んだポイントで交換しほぼ無料で手に入れたコスメをずーっと使う私。」

 

「夫のせいで本当に気に入ったショップの高い服は手が出せず、SALEで手に入れた安い服を着る私。」

 

「夫のせいでブランドなんて手を出せる家計ではない生活を耐える私。」

 

「夫のせいで…。」「夫のせいで…。」「夫のせいで…。」…。

 

 

ヤベえ!何もかもを夫のせいにしてる私がいるじゃん…!!!!!

私なら、何も言ってないのに勝手に自分を追い込んでドス黒い感情を抱え込んでいつの間にか相手を恨みだすような女を愛せる気がしない…ていうかコレ本当に私の感情なのか?っていうくらい自分で自分に驚いている。

 

「欲しいものが特に無い」というのも「本当にすべてに満足してるから特に思い浮かばない」のではなくて、「本当は欲しいし気になるけど高いから、安くて似たような類似品で我慢したりあきらめたりしているうちにだんだん物欲がうせてきて本当に自分が欲しいものが分からなくなってきて、そこそこの品質の安い物ばかり買う」ようになってきた気がする。

 

よく考えたら、自分の物を安く抑える事も夫の高額商品の購入に対して家計からお金を出す事も、ブツブツ文句言いながらも最終的にOK出したのは私。

 

夫自体は私に金銭的なことは何一つ言ってきてないし節約しろなんて言われたこともないし買い物にはつれてってくれるし基本的に私の自由にさせてくれてるし実際家計もそこまで絶望的ではない。

 

欲しいなら欲しいと言って買いたいなら買えば良いだけなのに、私が勝手に「我慢している私」を夫に押し付けているんだ。

 

…なんという恐ろしいことに気付いてしまったんだ、自分が夫に押し付けている「重たい感情」に気付いて恥ずかしすぎて自分で自分の首を絞めたい。締め上げたい。

どんな顔して「私はこんなに我慢してるんだ!」と主張して夫にぶつけてきたんだ私…ああ考えたくない、やめて、もうやめて恥ずかしい…!

 

後悔すること山の如しですが、まずは「私は安いコスメで我慢している」の感情を遥か彼方にフッ飛ばす為に手持ちの「ラインでそろえたはいいけど不満タラタラで使っているコスメ」から「自分が気に入っていてホクホクした気分で使えるコスメ」にグレードアップしたいと思います。適当に買わずにちゃんと店員さんにアドバイスももらって。

 

「化粧品高いやつ薦められたら嫌だなあ」「今使ってるやつがまだまだ残ってるからもったいないなあ」「高いのはいやだなあ」「店員さんと喋るの苦手だなあ」などと私の頭の中に住んでいる貧乏神がブツブツつぶやいてきて惑わされそうですが、なんとか耐え抜いて誕生日には文句ひとつない「満足のコスメ」を手に入れて来てやりたいと思います。

睡眠中に害虫に襲われた話。(虫の話なので苦手な人はこの記事から避難してください)

昨夜布団で寝ていたら、左腕がなんだかモゾモゾして痒いような不快感に襲われた。

 

「もー!うっとおしいなあ!」

 

右手でシャッと払いのけたらなにかが当たった感覚があって「ぺしゃっ」みたいな音がした。

 

「…ヤベぇ!なんか居る!!」

 

慌てて電気をつけてみると、大きなムカデがすごい速さで逃げている所でした。

 

こんなデカイ奴を逃したら寝るに寝れなくなるので殺虫スプレーをかけまくる。

 

ゴキ用のスプレーしかないけどしかたない。

とにかくシューシューとスプレーしまくる。

 

なかなか倒せなかったムカデも、至近距離の殺虫スプレー攻撃には勝てなかったのか最終的に倒すことができた。

 

倒れる瞬間に「メキメキメキ…」みたいな物音を立ててくるのがすごく怖かったけど…。

 

ムカデに這われた腕が地味に痛痒いしほんのりと赤くなっていたので、メキメキいってるムカデはひとまず放置。

 

対処法をネット検索したら「這われた患部は洗って熱いタオルで患部を温めて毒を無毒化しろ」みたいな事を書いてあったので、キレイキレイで洗って温タオルで患部を温めておきました。

 

(温めてたほうがいい場合と冷やした方がいい場合があるみたいなので、症状や状態に合わせて要・検索です…!)

 

そして倒したムカデを処理して、やっと寝れる…ってなった時に目が冴えて寝られなくなっていることに気づいた。

 

時刻は午前3時前。

 

今からずっと起床時刻まで起きておくのはお化けとか出そうだしなんか怖いし嫌だ。

 

かといって、ムカデとの奮闘でアドレナリンとか噴出したのか眠気は一向に来ない。

 

…とにかくさっさと寝たい!!

 

仕方がないので布団に入ってみるものの、脳内はムカデの事で頭がいっぱい。

 

「…ダメだ!寝れん!!」

 

寝たいのに眠れない時って本当に困る。

 

イライラしても仕方ない…どうせムカデの事で頭が一杯なら、もう寝るのはあきらめて脳内で擬人化して楽しむことにした。

 

脳内で私好みどストライクの顔立ち・髪型・身体つきの男性を生成。

 

名前は「百足 大人」にしてみる。

 

…さあ、百足くんよ!来い!!

 

 

百足:「お前の左腕があまりに美味しそうだったから…我慢できなかったんだ。(悲しげな顔)」

 

百足:「オレが触れたらお前は傷ついちまうって分かってるのに、もう自分を止められなくて…。」

 

百足:「お前の事が好きすぎて…触れるだけじゃ足りない、噛みつきたいくらいさ。」

 

…うひょーーーーーーーーーー!!!

 

こんなん睡眠とか明日の予定とかどうでもええわ!

百足くん最高過ぎ!!!!!

 

…あれ?でも私さっき、百足くんを…この手で…ころ…

 

 

………。

 

 

その後素に戻った私は、ムカデの事とかも一切頭の中に出て来ずにグッスリと眠ることができたのでした。

良いものは使わずとっておいてしまう妙な癖。

なんとなくボーッとしていてふと思いました。

 

「そういや私の服、1度も着てないヤツ結構あるけど着れるのかな?」

 

20代の頃にデザインに惚れて購入して、家に帰って「うおおおお可愛いではないか!!」とテンション爆アゲしたのはいいけれど、そのまま着用することなくしまったままのワンピース…。

 

「ギャルのような格好をしてみよう。」と周りの迷惑(逆セクハラ的な…。)を顧みることなく購入したマイクロ過ぎる丈だけれど、すごくかっこいいデニムスカート…。

 

現在の自分のスリーサイズも分かっていないのに、過去に自分で適当に計測した数値を元にランジェリーショップに行って下着類を物色していたら店員さんが来ていろんなアドバイスや試着を薦めてくれ始めたので、焦りと恥ずかしさで試着することもなく雑に購入してしまったけどキラキラおしゃれな下着類…。

 

そんな1度も着ていない服や下着を片っ端から引っ張り出して並べていくと結構たくさんあった。

 

「この服もその服もめっちゃ気に入って購入したはずなのになんで1度も着ずにしまったままにしてしまうんだろう?」

 

不思議に思いながら試着をしていった。

 

体型に関しては目を見張るような発達(主に胸)は無く、ずーっと現状維持が続いているので、幸か不幸かサイズ的に着られなくなっている服は無かった。

 

しかし「この年齢でコレはアカンやろ」状態になっている服が大半で、購入当時は「これめっちゃ好みどストライク過ぎー!!買う買うー!!」とヒャッホウなテンションでゲットした服が、今鏡の前で合わせてみると微塵もしっくり来なくなっていた。

 

それどころか、見ているだけであんなにテンションのあがった服を着ているはずなのにいたたまれないというか、なんとも言えない居心地の悪さにも似たネガティブな気分がこみ上げてきて即・試着終了が続く。

 

まれに「ほぉ、これはまあイケるな!」と思える服が出現するものの、大半がアウトとなり古着回収の袋に収納されていきました…。

 

しかし、ものすごくお気に入りだった服は古着回収の袋に入れるのも惜しくて、持っておこうかどうしようかと最後まで凄く悩んだのですが、この服が映えたであろう20代にすら1回も着たことないのに今後着るわけが無いしなぁ…運が良ければ他の誰かの手に渡って着てもらえるかも?と思って手放す決断をすることができました。

 

服の要・不要の判断は終わったので続いては下着…。

片っ端から着用したのですが「痛い!」「苦しい!」「サイズ合ってない!」の連発で9割がアウトというすさまじい結果になりました。

ちなみに「サイズが合ってない」というのは成長したという意味ではなく悲しい方の意味なので何も言わずに察して頂けるとありがたいです…。

 

その部位は学生時代から1mmたりともサイズの変化を感じることなく生きてきたので、おそらく購入の時点でサイズ選択を誤っていたのでしょう。

 

残念ながらほとんどを捨てることになってしまいましたが、1セット1000円は軽く超えてくる下着類…何故もっときちんと考えて試着をして万全の状態で購入をすることができなかったのだ過去の自分よ…。

 

お店に入って「下着ってやたら高いから、お店の中で1番安いセットの中で選ぼう。」と、1番に値段のことを考えて最安値の上下セットコーナーを探し出し、その中で色やデザインなどの好みに合うものを選んでいくというやり方で選んで購入などという愚かな選び方をしているからこんなことになってしまうのだ。

 

しかもなかなかキラキラしていて綺麗だからとかもったいないからといって、これまた1度も着用すること無く丁寧にしまいこんで。

 

いざ着用するべき時に着てみたらサイズ合ってないもんだから「こりゃあなんかの修行か?」と思うくらい地味に痛い思いをして。

 

そんで「オシャレ下着は痛いもーん」とか言って、普段はGUで購入したブラキャミとか着てるもんだから本当に意味が無い。

 

結局、服も下着も結構な量が着用されぬままサヨナラされるという結果になりましたが、着ることなく収納されっぱなしの服の法則が見えてきました。

 

①手入れがめんどうくさい。(繊細なレースや痛みやすい素材とか手洗い推奨なやつ。)

②付いているものが取れそう。(スタッズやパールやキラキラしたやつとか。)

③気に入りすぎて大切にとっておきたい。(着用したら痛んじゃう…!)

④ノリで購入してしまった。(田舎で着て歩いたら浮く…。)

⑤何も考えず焦って買った。(ヤバイ…店員さんが商品をゴリ押ししてくる!)

 

まあ大半が③の「大切にとっておきたい」でしたけど、最終的に1度も着用せずに手放してしまうのなら本当の意味で大切にしているとは言いがたいな…と今は思います。

 

よく考えたら服類だけじゃなくて文房具やコスメなんかも未開封で保存しっぱなしだったりするし、貰ったプレゼントだってもったいなくて開封すらしないまましばらく展示してみたり、車でも洗車してピカピカになったらホコリが付くのが嫌でしばらく出かけたくなくなるし…本当になんなんだこの変な貧乏性みたいな癖は。

 

「自分の元から離れたり無くなったり減っていったりするのが嫌!」っていう妙な執着みたいな。

…ヤバい、書いてて「自分て ちっちぇえなー!」って思えてきた…。

 

話題の断捨離みたいな徹底的な事はしてませんが、ひとまず私の服類はガシガシと使いまくってローテーションしまくれる「実用性重視」な物ばかりになりました。

 

たまには収納している服を探って、1度も着ていない値札付きっぱなしの服や大切に保存してある服などを着てみるのも良い経験になるなあと実感しました。

 

私が「大切だから…」「いいものだから…」「気にってるから…」「もったいないから…」などと思って保存している服類、確かに服自体は痛んでないし綺麗なままだけど、着用して映える「賞味期限」みたいなものは着々と期限切れしていっていたみたいです。ていうかほぼ期限切れでした。悲しい。

 

今後はお気に入りの服を購入したら「もったいない」とか言って貧乏性を丸出しにしないで、どんどん着用してその服が似合っているうちにいっぱい楽しんでいける自分になりたいなと思います。

 

そして値札ばかりに気をとられずに、ちゃんと自分に合っているものを選んでいける人間に生まれ変わって生きたいです。

お盆にはご先祖様が姿を変えて帰ってくる…?

私がまだ学生だった時に母方の祖父がなくなった。

葬儀に参列した私はなぜか骨を拾う場所まで引きずりこまれてその儀式を終え、なんとも言えない衝撃と悲しさと斎場の人の「焼きあがりました」というパンでも焼いてきたかのような一言に誰もツッコまない現実が心の中で渦を巻いてモヤモヤしたまま祖父の家に戻った記憶がある。

 

「人がしぬというのはこういうことなんだ…。」

 

ゴリラみたいな顔して無愛想な見た目をしているけど、孫である私をとても可愛がってくれて大好きだった祖父があまりにもあっさりといなくなった。

あまりにあっさりしすぎていて、まだどこかにいるんじゃないか?さっき拾った骨はずいぶんとゴツかったし熊かなんかじゃないのか?信じられない気持ちで一杯だった。

 

縁側で祖母が出してくれたなみなみと注がれた麦茶を飲みながらそんなことを考えていると、見たこと無いくらい大きなオニヤンマが私や他の親戚達が休んでいる部屋に入り込んできた。

 

「でっかい…。」

 

ぼんやりとオニヤンマを眺めていると親戚の誰かが「でっけえオニヤンマじゃのう、こりゃあ祖父がみんなの様子を見に帰ってきたんじゃろう。」と言った。

 

どうやら亡くなった人の葬式や法事・お盆などをしていると昆虫などが部屋に侵入してくることがよくあるらしくて、真偽の程は定かではないけど「亡くなった人が姿を変えてみんなの様子を見に来たり挨拶しに来たりする。」という考え方があるらしい。

 

「じゃあこのオニヤンマはじいちゃんかもしれないのか…。」

 

なかなか部屋を出て行かずにみんなの頭の上をグルグル回遊し続けるオニヤンマ

「ここから…まさかの奇跡的な展開が…!!」みたいなことは一切起きずに、ある程度したら縁側の空いてる窓からシャッと出て外に帰っていきました。

 

マンガとかでは効果音が鳴って煙が出て、オニヤンマが祖父の姿に変身…とかあるんだろうけどやっぱり現実は現実なんだな…でも「…ほんとに祖父がさいごに会いに来てくれたのかも?」とか、青空に消えていくオニヤンマの後姿を見ながら色々と考えた…そんな懐かしい思い出。

 

…私は今、訳あって離れたところに暮らしているから祖父のお墓参りどころか実家のお墓参りも行けないなあと「お盆のラッシュが始まります。」って言い出したテレビアナウンサーを見ながら思っていたのだけど、今朝玄関から出たらあの時と同じくらいでっかいオニヤンマが結構長い時間私の周りを飛んでいるから「もしかして…おじいちゃんが会いに来てくれたのかな?」とか勝手に思ってしまいました。

 

お盆には手を合わせに行けないけど、いつかお参りできる状況になったら手を合わせに行くよ。おじいちゃん…今は行けないんだごめん、本当にごめんね。

 

お盆には気持ちだけでも、祖父のお墓のある方角に手を合わせたいと思います。

30cmを超える超巨大なきゅうりを収穫してしまったら、どうやって料理したらいいの?

私がさまざまなちょっと変な野菜(白いオクラとか紫色のニンジンとか)を植えまくっている家庭菜園。

 

普通のきゅうりも植えているのですが、支柱を立てるのが面倒くさくて植えたまま放置して伸びたツルや茂った葉っぱも完全にほったらかしたままにしていました。

 

一時梅雨のあたりで枯れそうになっていたので「あぁ、枯れるのかなぁ」とか思っていたのですが梅雨が明けたら急に元気になって7月終わりごろにはでっかい葉っぱにそこらじゅうに伸びまくったツル、葉っぱの隙間には黄色い花らしきものが咲いていました。

 

「…私は家庭菜園は初心者だし、多分そんなちゃんとしたきゅうりは収穫できないだろうから観賞用くらいの気分で育てていこうかな。」

 

そう思いながらこまめな世話もすることなくなんとなく放置を続けて今日、あまりに立派な大きい葉っぱをすごいなあと思いながらなんとなくじっくり見ていると、葉っぱと葉っぱの隙間からなんとなく気になるものが見えました。

 

「…なんだこれ?」

 

不思議に思いながら葉っぱをめくると、そこにはめちゃめちゃでっかい緑の物体が横たわっていて「うぉぉっ!!なんじゃこりゃあ!!」と1人でビックリしました。

 

体が大きいから手も大きい。そんな私の手よりも余裕で大きい緑色した未知の物体。

じっくりみると先端が茎とつながっているのできゅうりだとわかってホッとしました。

 

f:id:ShiMAkaNA:20170809180813j:image

↑ 写真が上下逆になったけど、余裕の30センチ超えです。

計測し忘れたけれど太さも極太です。

 

f:id:ShiMAkaNA:20170809180823j:image

↑ とりあえず半分に割ってみる。 

こんなデカイきゅうり、どうやって調理しようか…。

 

サラダ…にするには量が多すぎる。

漬物…にしたら1週間以上食べ続けるハメになりそう。

野菜スティック…きゅうり95%・他の野菜5%は地獄過ぎる。

うーん…どうしようか…。

 

ネットで調べたら「お化けきゅうり」と呼ぶらしく、レシピもいくらか載っていたのでその中のレシピをちょっとパクりながら調理することにしました。

いつも思うけど、レシピを考え出す人はほんとに凄い。そしてちょっと変わった食材とかでも検索すれば対応したレシピが出てくるインターネットほんとに凄い。

 

さて、きゅうりの中はちょっと空洞みたいになっていて、中央の種がビックリするくらい大きくて存在感抜群。

ゴマよりも大きいんじゃないかというくらいのサイズの種がミッチリ詰まっていたので、種の部分はくり抜いて調理開始。

 

ちなみにちょっとだけつまみ食いしてみたら、きゅうりというよりも瓜…それも「甘くないメロン」の外側に近いところをかじっている感じでした。

 

f:id:ShiMAkaNA:20170809180833j:image

↑ あまりにきゅうりっぽくないので、もう「瓜」として扱う事に。

豚肉と炒めて、調味料で味をつけて濃い目の中華味にしました。

家族の反応はわかりませんが、多分「きゅうりを調理した」とは思わないはず。

 

超巨大なきゅうり…まさか自分の畑で収穫できるとは思わなかったのでかなりビックリしましたが、発見してビックリ・収穫してビックリ・調理してビックリ・意外と美味しくてビックリと大量のビックリを味わうことが出来たのでとても良い経験になりました。

 

これからも頑張って菜園を放置していきたいとおもいます。

会話能力の無い人間が何を考えてどう会話しているか、その一例を包み隠さずあけっぴろげに書いてみる。

現在送っている生活では、あまり初対面の人と会話をする機会がないのでかなり助かっているのだが、それでも出先でふと会話イベントに巻き込まれることがある。

 

●会話は続けないといけない。相手に不快感を与えないように細心の注意を払う。

●喋り上手が聞き上手かのどちらかにならないといけない。

●とりあえず笑顔で相槌を打っておけばまあ大体なんとかなる。

↑会話については大体こんなイメージ。

 

会話イベントが発生すると、私は大体満面の笑みを作り出して軽い挨拶をする。

そして相手から振ってくれる話題に2、3回ほど相槌を打てば「それじゃあまたね♪」みたいな流れになって、こちらから無理やり話題をひねり出して提供しなくても、お互いになんとなく良い印象で会話イベントを終わらせることが出来る。(…と、勝手に思っている。)

 

しかしまれにトークのうまい人やとにかく喋りたい人と当たった時は、なかなか「それじゃまたね♪」の展開にならない。

どんどこあふれ出してくる相手の話題、うなずいているだけではマズいなと思うような話の展開の仕方、気の利いた返事をしないと!なんとかこっちからも盛り上げないとなんかヤバイ!…という焦りとテンパり。

 

死に物狂いで何とか会話をつなぎきってその場を成立させて、やっと「それじゃあまたね♪」へ続く流れが見えてきて「やっと…やっと解放される、もうほんとに無理…!」とか思いながらも、やっと会話が終わるかもという「見えてきた解放」にテンションが上がってこちらが最後の元気を振り絞って会話を終わらせる方向に持っていこうとしたら、何故か相手もテンションが上がって会話が終わるどころかさらにパワーアップして会話がさらに広がって続いていく…。

 

もう精神的に削れきって「もう…マジ無理っす…。」状態なのに強制的に肉体を鼓舞して何とか会話イベントを成立させて、何とか「それじゃまたね♪」という流れに持って行き無事に会話イベント終了…。

 

「またねぇ♪」と上機嫌で手を振る相手に私もニコニコと手を振って相手を見送り、1人になった瞬間にあふれ出すでっかいため息。

そしてしばらくするとLINEでさっきの相手から「また話そうねぇ♪」とかわいらしい表情の顔文字が送られてきて静かにやつれる私…。

 

会話自体は好きだし楽しい。どちらかと言えば自分が中心で話すよりも、数人居て話が盛り上がっているのを見ているのが楽だし楽しい。

自分が中心になって話すと言っても平凡にひっそり生きている私にそんな面白い話題もないし、何よりオチも大して無い私の話なんかを貴重な時間を割いて私に会話をしてくれている人に聞かせるというのもなんだか遠慮してしまう。

 

また、インターネット上で仕入れてしまった「独身は自由すぎてむかつく」「既婚は自慢たらしい」「男は女の会話が疲れる」「女は話すのが好きだから聞いてあげないといけない」…などなど、さまざまな立場や性質などの情報を考えてしまい、「この人にあの話は振っちゃいけない…。」「コレを言うと傷つけてしまうのかも…。」などと、自分で自分を自主規制してしまって、当たり障りの無い話をするくらいしか出来ないのである。

 

「そうは言っても…会話ひとつでこんなに疲れるししんどいんじゃリア充なんて夢のまた夢じゃん…。普通に生きるのすら大変じゃん…私。」

 

このままではさすがにマズイ。

というわけで今の自分の喋り方を振り返ると、疲れる原因と思しき物に行き着いた。

 

私の会話と言えば、相手が遠くから歩いて来ているのを確認した瞬間に仏頂面を崩してできうる限り全身全霊で満面の笑みをつくり元気にこちらから挨拶をする。

挨拶をしたら大体相手が挨拶を返しながら話題を提供してくれるので、張子の虎なのかと言うくらい「うんうん」とうなずいて「貴方の話を聞いていますよ」感を演出。

その間も笑顔は崩さず、会話内容によっては驚いてみたり悲しんでみたりと表情を変えまくるが基本は満面の笑顔。


時折本で読んだ「オウム返し(相手の話を繰り返し口に出してみるやつ)」なども駆使してとにかく短期決戦で会話を盛り上げて程よいところで会話を終わらせて「私のボロが出る前になんとか良い印象でサヨナラする。」ところまでとにかく笑顔で持っていく。

相手もそこそこ会話できて満足、こちらも楽しんで満足で終わる。

…が、なぜか私は非常に激しい疲労感に襲われて大きなため息が出る。

 

以上が大体の私の会話の流れであり、そしてこの流れの中に原因らしき物があったのだ。

その原因らしき物の名前はなんと「笑顔」である。

 

試しに満面の笑みを作って口角を限界まで上げた状態で「うん!うん!!」と相槌打ちながら呼吸をしてみて欲しい。口からはまず酸素が入ってこないし入ってきたとしても前歯の隙間から隙間風程度にしか入ってこない。

 

となると鼻から吸引される酸素のみが命綱となるわけだが、会話をしていると一定のリズムで呼吸することがなかなか難しくて鼻からの酸素も気まぐれな供給となる。

 

つまり、私の会話疲れの原因は「酸欠」にあったのではないか?…と仮定できる。

会話後の大きなため息も酸欠により起こっていたのではないか…?

 

…「笑顔のパワーは凄い」というのはよく耳にしてきたが、まさか自分自身を危機に陥れる程のパワーが秘められていたとは思わなかった…!実に恐ろしい!!

 

笑顔の恐ろしさが身をもって体感できたので、口角を限界まで上げて会話をするのはやめて、今後は程ほどの微笑でやさしい雰囲気を演出する方向にシフトしていこうと思うし、会話中でもきちんと酸素の吸引も心がけていきたい。

そして会話が疲れるというのには他にも原因があるかもしれないので、今後も検証と実践を繰り返しながら少しでも会話疲れを解消していけたらいいなと思う。

スターバックスのキャラメルプリンwithコーヒージェリーを食べた。

スターバックスのプリンシリーズに新作が出ていたので即購入!

 

その名もキャラメルプリンwithコーヒージェリー!

「ゼリー」じゃなくて「ジェリー」ですよ…なんとオシャレ極まりないネーミングでしょう!

 

スパゲティ → パスタみたいな!

ベーカリー → ブーランジェリーみたいな!!

マシュマロ → ギモーヴみたいなー!!!

 

もうなんかオシャレ過ぎてスゴい。

ギモーヴに至っては「ギ」とか「ヴ」とか濁点たっぷりのインパクトありすぎる名前だし、見た目的にも海外のオシャレな石鹸かと思ったわ。

 

…さて!話が今回もそれまくっていくので、ここらでプリンの事を書いていきます!

f:id:ShiMAkaNA:20170806184835j:image

 ↑こちらがキャラメルプリンです!

茶色っぽいパッケージで大人っぽいビターな印象を受けました。味もビターなのかな?

 

f:id:ShiMAkaNA:20170806184847j:image

↑キャラメルプリン開封直後です。

以外に白っぽい、クリーミーな見た目。

クリーム系は大好物なので見るだけでテンションが上がっていきます、ヒャッハー!

 

f:id:ShiMAkaNA:20170806184858j:image

↑スプーンですくい上げて見ると、なんとクリーミーなプリンに「ジェリー」が合体していました。

 

「withコーヒージェリー」ってそういう意味だったのか…!!

 

そもそもプリンに「ジェリー」が合体してる物を食べるのは初めてだったので「これは…どんな感じの食べ物なんだ?」と不思議半分で食べたのですが、甘くてとろりととろけるプリンに、プルリとしたコーヒージェリーが良いアクセントになっていて楽しくて美味しい味でした。

 

もちろんこのプリンも隙あらばもう何回か食べておきたい美味しさなのですが、それ以上に「ゼリー」を「ジェリー」って呼ぶのがなんだかオシャレ業界人になった気がして楽しくなってしまったので、しばらく個人的なブームになりそうです。