ねぇ、リアルってどうやって充実させるの?

リア充になる方法を模索する30代女のブログ(雑談大量!)

アイス「ブリュレ チョコレート」を食べる。

朝と夜は寒いけれど、昼間はなんだか夏を感じるくらいの暑さになる日もある昨今。

 

近所のドラッグストアにて「ブリュレ チョコレート」を発見したので買ってきました。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190427193555j:image

 

このアイス…以前「白いやつ」を食べてあまりの美味しさに驚き、しばらくの間出先で見つけたら1人こっそり買い食いを繰り返していた逸品なのです。

 

表面パリパリで噛んだらショリショリしてもう本当にクリームブリュレ!

もちろんアイスの味も美味しい!

 

そんな「ブリュレ」の新しい味なんて、買わずに居られるわけがない!!

 

てな訳で買い物カゴに速攻で突っ込み、アイスが溶ける前に大急ぎでお会計。

ちなみにこのお店でブリュレ一個のお値段は 322円 でした。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190427193606j:image

パッケージ裏面はこんな感じ。

早速開封してみると…

f:id:ShiMAkaNA:20190427193615j:image

こんな感じです。

 もう見ただけでわかる高級感。すでに美味しそう。

 

早速食べる…その前に。

断面が撮りたかったので真っ二つにしました。

f:id:ShiMAkaNA:20190427193626j:image

表面の濃い茶色部分がパリパリの部分でそこから下がアイス部分…とかなんとか言いながら早速一口目を食べてみるとめちゃくちゃ美味しいです。

表面の濃い茶色部分がパリパリショリショリで最高!アイス部分もおいしーい!!

 

パリパリ部分だけ売ってくれても余裕で買います!っていうくらい美味しい!

 

アイスの王者ハ○ゲンダッツを倒せるんじゃないかなと思うくらいの勢いで美味しいです。

 

クリームブリュレのパリパリ部分を延々と食べ続けられるくらい「クリームブリュレのパリパリマニア」な方もそうじゃない方も、オススメですので是非お試しくださいませ♪

カフェラテを買いたいだけなのに…。

先日、コンビニでアイスカフェラテを買おうとした。

冷凍コーナーにある「規定サイズのカップに氷が入ってるやつ」を手に取った。

そしてそのままレジへ向かい、代金の支払い。

 

レジでお会計をする場所の真横にコーヒーマシンがあったのだが、後ろに人も並んでいるし他人がお会計している真横でコーヒーが完成するまで待ち続ける度胸も無かったので、あえて隅っこに設置されているコーヒーマシンの方へ歩いて行ってコーヒーを淹れることにした。

 

カップの蓋をビリビリと剥がして開封し、コーヒーマシンにセットした。

しかし「カップをきちんと置き直してください」みたいなエラーが出て止まってしまう。

 

何回もカップを置き直したけど、相変わらずのエラー表示で先に進まない。

 

仕方なく隣にあったマシンにカップを置くもこちらもエラーが出た。

何回カップを置き直してもエラー。どうにもならない。

 

昔から自動ドアも「私のターン」になると急に開かなくなることが多かったが、今回もそういう関係なのだろうか。

私はステルス戦闘機みたいなもんなのだろうか。

 

自動ドアが開かなくて、透明な扉の前で(下手したら他人が見ている前で)アタフタするのは尋常じゃなく恥ずかしいけれど、コーヒーマシンにコーヒーを淹れてもらえない現状もなかなか恥ずかしい。

 

雑誌コーナーで立ち読みしている作業着のおじさんが時々ちらっとこっちに目をやるのだが「あーコイツ、コーヒーマシン使えねーのかな?今時恥ずかしい奴だなー」なんてあざ笑われてんじゃないかなとか被害妄想が頭の中で膨らみ始める。

 

もしかしたら、パンコーナーでパンを選んでいる女性も私の事を「コーヒーマシンの使い方が分からない女」として笑っているかもしれないし、店員さんも「何モタモタやってんだよさっさとコーヒー淹れて出てけやお前」なんて思っているかもしれない。

 

…いや、大丈夫だきっと他人は私の事なんて微塵も気にしていない。

きっと目の前の商品や自分のお仕事に忙しくて私なんてどうでもいいはずだから大丈夫だ落ち着け私だいじょうぶだからぴぃうあぐけmすぽうえうそまああああああああああああああああああああああああああこんなの落ち着いてられるかー!!!!!!!

 

「くっそーーーー!!コーヒー!!コーヒーさえ淹れられればさっさとお店を後にできるのになんでなんじゃあああああああああい!!!!」

 

焦ってイライラする気持ちを押さえつけて必死にスマートさを演出する。

まるで「おやおや、コーヒーマシンさんのわがままには困ったものですねぇ…。」とでも言わんばかりに。

 

コーヒーマシンにコーヒーカップをさんざん置き直して首をひねって困って固まって…という姿をさらしまくって今更スマートも何もあったもんじゃないけれど。

 

だってきっと、悪いのはコーヒーマシン側であって私じゃないはずだし。

メンテナンスの時の不備とかでたまたま2台とも調子が出ないとか、きっと何か事情があってこんなことになってるんだよ。うん、そうに違いない。いや、絶対そうだ!

 

だから私にできることは落ち着いてスマートに対応すること…。

ドラゴンボ〇ルのフリ〇ザの如く。どんなにイライラしても丁寧にスマートに…。

 

店内には3台のコーヒーマシンがあって、そのうち2台がエラーで動かない。

残る1台はレジの真横にあるアイツ…人が並んでるしちょっと行きづらいけど、このまま氷しか入ってないカップを持って店を後にするのは悲しすぎるので意を決してレジ横にあるコーヒーマシンへ向かった。

 

「あのレジ横にあるコーヒーマシンが最後の希望…!頼むぞレジ横のマシンよ!!」

 

最後の希望であるコーヒーマシンにカップをセット…しているとかわいらしい丸文字フォントで「カフェラテはこちらの機械でお願いします♪」と書かれたポップが視界に入った。

 

どうやら隅っこにあるマシンは「ドリップコーヒー専用」みたいな感じらしい。

牛乳を使った「ラテ系」のコーヒーはこのレジ横のマシンで淹れろ…ということらしい。

 

………。

 

なんっっなんだよそれー!!!ふざっけんなよマジで!ポップちっせえし、分かりづらいし「スプーンとフォークどちらをお付けしますか」みたいな文字数多いやり取りが可能なら「ラテはレジ横で!」くらい教えてくれよおおおおおお頼むよおおおおお現代社会が多様化し過ぎて色んなシステムありすぎてコンビニでも店舗ごとに流派みたいなのがありすぎてもうついていけないよおおおおぉぉぉ!!!

 

なんなの!?みんなこんなのスイスイついて行けるの!?

マシンみただけで「あ、これはドリップコーヒー用だ」とか「ああこれはラテ用だな」とか分かるの!!?それすごくない!?脳内が常に最新情報にアップデートとかされてるの??

 

カップのサイズだって「小・中・大」でいいはずなのに「ショート・トール・グランデ・ベンティ…」とか言い出したと思ったらこちらのコンビニでは「RとL」ですよ!?ゲームのコントローラーかよ!!?

 

しかもこのコーヒーメーカーのポップに「サイズを間違えてボタンを押してしまった場合、どんな理由があっても差額はお支払いいただきます!」みたいなことを、かっわいい丸文字で書いてあるの!パッ・パッとボタン押しちゃったら間違うよこんなの!

 

「絶対に間違ったらあかん…」と思ってサイズ何回も確認して恐る恐るボタン押したけれども!!コーヒーを淹れている待ち時間中もずっと「サイズ間違ってないよな!?」ってドキドキしながら確認してたけれども!!

 

ボタニ〇トのシャンプー・コンディショナー・ボディーソープをそろえた時に容器の色がほぼ一緒だしいちいちポンプ部分の凹凸確認なんてせずに使っちゃって「シャンプーで体洗ったり」「ボディーソープで頭洗ったり」した時みたいな…なんか「おしゃれなのはわかるけどせめて色を分けるとかなんかこうもうちょっと分かりやすいようにどうにかなりませんか」みたいなモヤモヤした気持ちが今回の件で思い出される…。

 

結局すごく長くグチグチ書いてはみたものの、悪いのはコーヒーマシンやボタニ〇トじゃなくて私だったんですよ…とほほ。

コンビニさんもボタニ〇トさんも大変申し訳ございません。

 

今後は「物事に対する注意力」も養って参りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を褒めたいときに出てくる「癖」に気づいた。

先日、ある方と会話をしていたところ「あ!ぜひとも、この方に あなたのここが素晴らしい という旨をお伝えしたい!」と瞬間的に思い立った。

 

そして

 

「あなたの◯◯という部分が素晴らしいなぁと思いました!」

 

…と伝えた。

 

その後、言葉を続けて「それに比べて私は◯◯がまだまだなので…。」みたいな事を言った。

私の中ではごく自然な出来事。

 

相手の方は「そんな事ないですよ」とフォローしてくださり、その後も和やかに会話をしてその場を後にした。

 

誰かと会って会話した後に頭の中で「あれはああ言えばよかった・こう言えばよかった」と反省会をしてしまうのはいつものことだけど、この時はいつもよりなんだかモヤモヤしていた。

 

なににモヤモヤしてるんだろう?この違和感は何?とじっくり考えてみた結果、先程「自分が続けた言葉」に行き着いた。

 

相手に素晴らしさを伝えるためにわざわざ「自分という存在」を貶めた。

 

そんな褒め方をされても、相手は「褒められて嬉しい」よりも「えっ、そんなことないってフォローしなきゃ」という気持ちが働いて全然嬉しくないだろう。下手したら「コイツめんどくせぇ…」「ネガティブ系の人?」とか思われてもおかしくない。

 

それに「自分で発した言葉」だけどなんだか自分自身が傷ついた気もする。

「ああ、私は◯◯がまだまだなんだ…ションボリ」って。

 

よくよく考えてみたら他人に対して、ずーっと同じような褒め方や伝え方をしてきた。

 

誰かに何かを頼みたいときも「◯◯は私なんかにはうまくできないからお願いできるかな?」

 

誰かを褒めたいときも「あなたの◯◯が凄いですよ!△△なんて全然ダメなのに」

 

何かに挑戦しようとしたときも「私なんかにうまくできるかわからないから、失敗するかもしれないけどとりあえずやってみるわ」

 

…みたいな。

何気なく言ってしまっている言葉だけど、文章にしてみるとすごく回りくどくて言い訳がましくて気持ち悪いなぁ。

 

だいたい貶めるのは自分自身だけど、他にも「褒めたい対象よりも立場が下な人(と私が勝手に認識している人)」とかを引き合いに出してしまう。

 

そして「あなたよりも「下」の人間はこんなに苦しんでいる、それに比べてあなたははるかに「上」であり素晴らしい!」と持ち上げる。

 

なんでこんな気持ちの悪い癖がついてしまったのか、これもじっくり考えてみたらやっぱり親に行き着いて…なんだかショック。

 

「また親かよ!どんだけ親好きやねん私!!」

 

もはや自分で自分をツッコむしかない。

 

小さな頃から「兄弟は◯◯がダメだ!それに比べてお前は凄いぞ!」とかしょっちゅう言われてたし、大人になって手料理とか作っても「母親の料理なんて失敗したら酷いもんなのにそれに比べてお前の料理はものすごく美味しいぞ!」みたいな。

 

父親が延々と「パートナーである母親」の過去の失敗をほじくり返しまくってディスり、娘の私を持ち上げる…みたいな。

 

そんな親の行動を、私は無意識の領域までインプットしてこの年齢まで違和感1つなく同じことをし続けていたのか。

 

前までの環境なら「私が私を貶めて相手を持ち上げる」と「相手も相手自身を貶めて私を持ち上げ返してくれる」という謎のやりとりが成立していた。

(時々他人を貶めて、その人の陰口で盛り上がったりとかもあり。)

 

…というよりも、あの場ではそういうやりとりができないと「クソ真面目すぎる、つまらない、話が盛り上がらない、腹を割って話せない人間」と認定されてしまっていた。

 

しかし今の環境で私が私自身を貶めると、まず周りの人が「えっ…そ、そんなことないけど…どしたのアナタ、大丈夫?」みたいな妙な空気になる。

 

まぁそのおかげで「自分のおかしい癖」が自覚できた訳だからありがたい事なのかもしれない。

 

私にとってはどちらの世界が正解なのか分からない。

だけど、人が人の悪口や陰口・勝手な憶測を言い合って人の不幸を酒の肴にケラケラと笑っていた以前の環境よりも、それぞれが自分の事で忙しくてあまり干渉し合わないけど要所要所でサラッと助け合っている今の環境のほうが生きて行きやすいので私は今自分が生きている環境に順応していきたい。

 

時折以前の癖なのか「あー!誰かのダメなところとか陰口をたらくふ喋って、自分はまだマシな方だと思いたいー!」と口が疼きだす「意地の悪さが溢れる瞬間」があるけど、周りがそんな空気全くないから毒気が抜かれて落ち着くことができる。

(その後「私なんて嫌な奴なんだろぉぉぉうがぁぁぁぁ!!」と転げ回りながら苦しんで反省もできる)

 

まだまだ「心の毒抜き」が私には必要みたいだし、おかしな癖もあるかもしれないから、じっくり自分自身を観察していきたい。

 

まずは、「他人を褒める時は、何かを貶めたり条件をつけて相手の素晴らしさを伝える」んじゃなくて「あなたのこういうところが素敵ですよ」とサラリと綺麗に褒められるように練習していきたいと思います。

 

7プレミアム チーズ タッカルビ を買って食べた。

かなり前にニュースで「チーズタッカルビが流行ってる」っていうのを見て以来、ずっと気になっていたけど食べる機会もなかったタッカルビ

 

都会に行く機会もないしそもそも外食もあまり行かないしせいぜいカフェ・コンビニで楽しむくらいしか無い「田舎の民」たる私。

 

「どうせ都会人しか食べられない都会専用メニューなんでしょ」と勝手に拗ねながらそこそこの月日が経過。

 

噂で「ローソンにタッカルビあるらしいよ」と聞いて「あっそう」とか言いつつも裏でこそこそローソンに行ってはタッカルビのタの字も見つけられずにすごすご帰宅すること6回ほど。

 

タッカルビ…気になっているけど…再現レシピで作ろうにも「本物のタッカルビの味」を知っておかないと作ったところで多分納得できない。

だけどこのあたりのお店でタッカルビを食べられる場所が無いっぽい。

 

ああ…タッカルビ…!正直鍋ものなのかなんなのか…気になるけどインターネットでの検索はめんどくさくてしていないけどだけど気になるタッカルビ…!!!!

 

ああ、タッカルビ!!!なんなのか良く分からんけど食べてみたい!!!

 

 

…そんなある日、インターネットにてセブンイレブンが「チーズタッカルビを取り扱っている」との情報を入手して速攻セブンイレブンに向かいました。

 

1件目のセブンイレブンではチーズタッカルビの写真は掲示されているものの現物は無く、どうやら売り切れの様子。

 

「…く、くそう。私と同じ田舎の民が、タッカルビ売ってる情報を聞きつけて私よりも早く買い込みに来やがったな…!」

 

勝手に広がる被害妄想。しかし他の田舎の民に私が負けるわけにはいかない。

どうせ「あたしぃ、田舎の民なんですぅー」とかいいながら自宅から徒歩10分以内になんらかのコンビニがある「偽・田舎の民」なんだろ!?

こっちは最寄りのコンビニが「徒歩で片道余裕で4キロ超え+道のりは急こう配の山坂しかない」という「ガチ・田舎の民」なんだからな!!

 

試しに自宅から最寄りのコンビニに徒歩で行ってみたら片道でくたばりかけたし休憩をはさみながらじゃないと帰れないし帰りは帰りで死ぬほど坂道が急だし家に着くころには足がプルプルで体がぼろぼろで気づいたら「家からコンビニ行って帰る」だけの簡単な内容なのに5時間近くかかってて本気で驚いたからな!!

しかもその後数日筋肉痛で死にそうだったからな!!?

 

貴様らみたいな「偽・田舎の民」に負けるわけにはいかぬのじゃ!!!

 

…ん?違う!!違うぞ!!?決してうらやましいわけじゃないからな!!

「家の近くにコンビニとか最高の立地条件じゃん」とか思ってないからな!!?

「うらやましい、キイイイイ」とか思ってないからな!!

勘違いするなよ!!?偽・田舎の民どもめ!!

 

 

 

そんな感じで2件目のセブンイレブンにてチーズタッカルビを無事発見。

人通りが控えめな場所を狙ったのが良かったのか、たまたまラッキーだったのか。

 

早速購入! 1個 297円(税込み) でした。

写真が逆ですが、気にせず進めていきたいと思います!

f:id:ShiMAkaNA:20190322112408j:image

縦15センチ・横10センチくらいの容器に入っています。

内容量は150グラム。 

 

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112420j:image

容器のふたを点線まで開けてレンジで温めます。 

チラリと見えるタッカルビ本体はこんな感じ。凍っています。

 

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112429j:image

温め終わってふたを全て剥がしたタッカルビです。

中央にチーズが乗っかっています。試しに食べてみるとびよーんと伸びるわけではないけれどまろやかでしっかりチーズの味がする「どこかで食べたことがあるチーズ」です、なんかなじみ深い味わい。美味しい。

 

周りには赤いたれのついた鶏肉がゴロゴロ。

食べてみるとほんのり辛いけど、辛いのが好きじゃない私でも食べられるレベルの辛さ…というか美味しいなコレ。なにこの美味しい食べ物…これがタッカルビか!こんなん流行るわ!!

 

こうして初めてのタッカルビを堪能したわけですが、大変美味しかったし満足でした。

 

「チーズがちょっと少ない気がしたから、今度はさけるチーズとか足してみようかなぁ」とか「赤いタレが残ってしまうから、パンにつけたりご飯まぜたりしてタレを最後まで堪能したいなぁ」とか思いました。

 

というわけで、これからもう一個買っておいたタッカルビを温めて「おかわり」をしていきたいとおもいます!

 

ウハハハハハ2個買っておいて良かったーーー!

時々耳にするけど良く分からないスーパーフルーツ「アロニア」って美味しいの?

最近よく耳にする「スーパーフルーツ」という謎の食材たち。

「なんなのそれ」「どこに売ってんだよ」「30年ちょい生きてきたけど聞いたことすらねぇよそんな果物」とか思いつつも、カルディコーヒーファームに行けば大体発見できる。そんなスーパーフルーツたち。

 

よく耳にすることがあった「アロニア」とやらももしかしたら実物があるんじゃないかと思ってカルディに向かったら…案の定ありました。普通に。

「ええ!?普通に置いてあるんかーーーい!!!?」みたいな。

もうびっくりしますよね。カルディの品ぞろえって。

 

キヌアとかいう謎の穀物っぽいもの系はもとより、タイガーナッツとかいう謎の物体やらタマリンドとかいう不思議なドライフルーツまでいろんな見たこと無い物が勢ぞろいしてるなんて、普通のスーパーじゃほぼありえないし。

 

というわけで、そんなカルディから買ってまいりました「アロニア」!!

どんなものなのか書いていきたいと思います。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112238j:image

商品名「北国のスーパーフルーツ アロニア」

状態「ドライフルーツ」

内容量「25グラム」

 

お値段は 453円 でした。

 

ポリフェノールアントシアニンが豊富なようですが「ああ、これくらいの量なのね」みたいな想像はまったくつきません。ミリグラムとか言われても…ね。

 

アロニア自体は北海道産らしいです。だから「北国の…」っていう名前なんだなあと納得しました。

 

縦15センチちょっとくらい・横10センチくらいの銀色のジップロ〇クみたいな袋に入っています。 

個人的には「ドライプルーン」みたいなものをイメージしていたので、予想外に小さくて驚きました。

 

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112248j:image

パッケージ裏面はこんな感じです。 

 

 

…というわけで早速開封します。

f:id:ShiMAkaNA:20190322112256j:image

 パカッ!

 

…開けてみるとこんな感じ。乾燥剤が付いており品質保持バッチリ。

ちょっと大きめのドライブルーベリーみたいな見た目をしています。

アントシアニン豊富というだけあって、パッケージの内側がアロニアの成分で赤っぽくなっています。

 

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112306j:image

袋から出してみるとこんな状態です。

ブルーベリーというかレーズンというか…そんな感じの見た目。 

 

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112318j:image

 大体1センチくらいの大きさ。

うっすらと甘いような香りがするような気がする程度の薄い香り。

中身が気になったので包丁で真っ二つにして断面を撮影してみました。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112329j:image

 5粒前後の種が入っています。

ドライになって実が縮んだためなのか、実に対して種は大きめ?

下の写真の小さくて黒い粒が種です。取り出して測ってみました。

f:id:ShiMAkaNA:20190322112341j:image

 

サイズの計測も終わったので早速食べてみると、ドライブルーベリーをサッパリさせたような風味と砂糖のような甘さが味わえます。

あと、キウイフルーツに入っている種みたいな歯ざわりがします。あの「種だってわかるけど別に嫌じゃないタイプの種」みたいな。食べるのに一切支障が無いタイプの種。

あとは、少しだけ渋みがあります。うっすらほんのりとした渋み。

 

個人的にはなかなか好きな味だし、ドライブルーベリーと混ぜて目の前に出されたら多分気づかずにブルーベリーとして食べちゃう気がします。

美味しいのか・不味いのかと聞かれたら「美味しい」と思います。

 

そんな「ブルーベリーとなんか似ている不思議なスーパーフルーツ アロニア」!

試してみようと思われる方は、ぜひカルディへどうぞ!

 

 

先日スターバックスでクラフテッド コーヒージェリー フラペチーノ を飲んだ時の話。

 最近、全然カフェに行っていなかった。

「どうせどのカフェも、この季節は桜のフレーバーの飲み物推しなんだろうなあ」とか思っていて。

 

桜を見るのはとても好きだし「桜の香り」とかもとても好きなんだけど「桜のフレーバーの食べ物」があまり得意では無くて…なんだか香水を食べているような気分というか…うまく言えないのですが似たような理由でバラのフレーバーの食べ物とかもあまり好きではなくて。

なんというかこう、私の中で「食べ物」として受け止めきれないというか…?

 

ちょっとこじゃれたランチとかで「エディブルフラワー」とかいう「食べられる花」とかお刺身にリアルな菊が乗っかって出てくるとすごく奇麗で「うわあ♪」ってなりながらも「う、おおぉ…これ食べるべきなのか?」ってなっちゃう。みたいな。

友人の中には「花フレーバーが好き!!私の癒し!!!」っていうタイプの人もいるから、本当に人それぞれなんだろうなあと思いつつ。

 

私にとって「食べようと思えば食べられるけど、そこまで得意じゃない花系フレーバーの飲食物」である桜の季節。

カフェにはそのほかにもメニューがあると分かっていても、なんとなーく足が向かなくて。それどころか最新メニューのチェックすらも一切していなかった。

 

そんな「はいはい、どうせ桜なんでしょ」という思い込みからチェックしていなかったカフェの最新メニューを、暇つぶしがてら検索。

すると「クラフテッドコーヒージェリーフラペチーノ」という素敵メニューが発売されていることに気が付きました。

 

そりゃあ、急いで車を走らせるよね。

スターバックスに到着するよね。

看板も撮影しちゃうよね。

f:id:ShiMAkaNA:20190322112114j:image

私的には「まだちょっと寒い」と感じる午前中。

全然「フラペチーノの季節」じゃないんですけども…

でも…期間限定だから…今飲まないと無くなっちゃうから…

こういう「甘すぎないメニュー」ってすごく貴重だと思うから…

 

 

店内に入って早速注文。

店員さんが手際よく作ってくれましたよ。

 

カップを用意して、なんかいろいろ入れたミキサーをガーッと回して。

下の扉からコーヒーゼリーの入った容器を出してカップの中にゼリーをポヨッと入れて。

その上にホイップをシュワーッとやって。

その上にミキサーの中身をザーッと注いで。

さらにその上にホイップをモリモリに盛りつけて。

最後に塩コショウとか入っていそうな容器をサカサカして砂糖みたいな何かをトッピングして。

本当にいつ見てもめちゃめちゃ手際がいい…すごい…見てるだけで楽しい。

 

そんな感じで「クラフテッドコーヒージェリーフラペチーノ」無事入手です!!

 

f:id:ShiMAkaNA:20190322112202j:image

お値段590円(税別)

 

早速飲んでみると、一番底のゼリーだけをすすってしまって「うわあ苦み!!」ってなりました。

ゼリーはしっかりとコーヒーの風味と苦みがあって弾力のあるドリップコーヒーを飲んでいるような感じ。

ごまかし程度のコーヒーゼリーじゃない…これは本気のコーヒーゼリーだ、非常に素晴らしい…!!

 

ストローをちょっと持ち上げて「シェイクみたいになっている部分」だけを飲んでみると小さな氷の粒と甘さとコーヒーの味が混ざって非常に美味しい。

 

最後に一番上の「コーヒー風のホイップ部分だけ」を飲んでみるとまったりと甘くてこれもまた美味しい。

 

そんな感じで各階層をじっくり味わったあとは、混ぜながら飲んでみました。

寒いんだけど、あっという間に飲み切ってしまう程の逸品。

適度な甘さと苦みとコーヒーの風味と…とても美味しくて大満足できるフラペチーノでした。

 

また飲もう…とか思っていたら気づくのが遅すぎて販売期間が終わったみたい。

今度の季節のおすすめはティラミスなんたらみたいなメニューらしい。

ティラミスかぁ…

 

え??!

 

ティラミス!!!?

 

 

 

またスタバ行かなきゃ!!!!!

 

 

ファミリーマートの「お母さん食堂・香りとコクのチーズピッツァ」を食べる。

私はいつもローソンに吸い寄せられてしまう人間なのですが、ずっとローソンオンリー過ぎて。

 

たまには違う刺激が欲しくなってしまったので今回はファミリーマートに浮気をしに行ってきました。

 

ファミマとローソン、やっぱり違いますねぇ!

緑!白!みたいな。

ローソンは青!白!ですもんね!

 

コンビニだからか、取り扱っている商品のジャンルは似てるけど、中身が全然違う…スイーツも内容が全然違う。

 

すげえなオイ、ヨダレとまんねーよファミマもすげーよとか思いながらスイーツ棚を舐め回すように見ていたのですが、スイーツ見てたら何故だかピザが食べたくなって冷凍ピザを購入。

 

その名も「お母さん食堂・香りとコクのチーズピッツァ」です。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190316191223j:image

母親とうまくいかなかった私的にはなんとも手を出しづらいネーミング「お母さん食堂」…なんとも胸が痛みます。キリキリキリ…。

 

私のお母さんは多分元気に生きており、さらに義理のお母さんも私よりはるかに元気で健康的に生きておられる訳でして、私にはすでに2人のオカアサンがいるわけですが。

 

そんな2人を差し置いての「お母さん食堂」…えっ?

この「お母さん」って…誰!?

 

「私にとっての3人目のオカアサン???」???

それとも「よそのお家のお母さん」?

 

私のお母さんが「お母さん食堂」食べたら、お母さんがお母さんの料理食べてるってこと?

 

お母さんのお母さん、つまり私から見て祖母にあたる人が「お母さん食堂」にお世話になったら「お母さんのお母さんがお母さん食堂を食べる」ってこと?

んじゃあ、私にとって曽祖母にあたる人が………うん、やめようまた無駄に長いブログになってしまう。

 

ていうかこのお母さん食堂のオカアサン、とんでもねぇクオリティーのピッツァ作ってくるなぁ…。

呼び方も「ピザ」じゃなくて「ピッツァ」だし。

オカアサンはイタリア人疑惑。

 

f:id:ShiMAkaNA:20190316191236j:image

 

 

さぁ、まじめにピッツァを焼いていきます。

ピッツァはこんな感じで、薄いビニール的なやつでガードされています。

f:id:ShiMAkaNA:20190316191247j:image

 

 

大きさはこんな感じです。

外袋開けた瞬間「ちっさ!」って思いました正直。

ペロリやぞこんなもん。

f:id:ShiMAkaNA:20190316191325j:image

 

 

薄いビニールを破り、ピッツァを取り出しオーブントースターで焼き上げました。

部屋中がいい香り。ヤバイ。部屋がイタリアンレストランの香り。

f:id:ShiMAkaNA:20190316191335j:image

 

焼きあがったピッツァの裏を見ても「カットしやすい切り込み」みたいなのは無かったので、お上品に切り分けずに容赦なくかじりつきました。

包丁もってくるのが面倒だっただけですが。

 

お味は濃厚なクリームシチュー?というかグラタン?みたいなこってりとしたクリーミーで「なんかどこかで覚えがある馴染み深い味わい」です。

 

そんな味わいにほんのりブルーチーズらしきものが香る。

個人的にブルーチーズ地獄みたいな「濃いやつ」が好きなので「ブルーチーズもっとガッツリ来いやあ!」なんですけど、そんなこと言いつつも満足できちゃう味わい。

 

こんなちっさいのに、食べ終わるとそこそこお腹が満たされたし味も満足だったしこれは美味しい。すげぇぞ「お母さん食堂のオカアサン!」

ちなみにお値段は 298円 でした。

 

大きさ的にも「冷凍庫に忍ばせやすいサイズ」だし、2、3枚ストックしておきたいと思います。